過去受講者の声 | 日経トップリーダー大学 第8期

過去受講者の声 | 日経トップリーダー大学 第8期

トップリーダー大学 第7期 受講者の声①

株式会社花のギフト社(栃木県/通販業)

代表取締役社長 益子 博美

―御社の事業内容、ご自身のプロフィールについて簡単に教えてください。

弊社はフラワーギフトを主とした卸・小売(通信販売)業で、平時はスタッフ十数名、繁忙期はスタッフが200名ほどになります。私は以前フラワーデザイナーをしておりましたが、友人の紹介で弊社の創業者(現会長)に出会い、平成15時年に入社、以降取締役を経て、平成27年社長に就任しました。

―受講の経緯と、経営者として当時どんな悩み・課題を抱えていましたか。

弊社会長(「日経ベンチャー」時代からの長年の愛読者)から受講を薦められ、「経営者としての本格的な勉強をしたい」と参加を決めました。
企業は人。人材がどう人財になれるか。それが経営の悩みです。今のやり方・考え方でスタッフの満足と会社の発展が得られるのか。また、今後の発展を見越し、どうグローバルに考え行動できるかも課題です。我が社はどうあるべきか、悩んでいます。

―印象深かった講師(講義)とその理由を教えてください。

林原の林原元社長の壮絶な体験(会社の倒産に至る兄弟の確執、親戚との確執、銀行の裏切り、新商品開発秘話など)は、驚きの連続でした。本当の経営とはどうあるべきか、経営者はどうあるべきかを深く考えさせられました。成功者の話だけでなく、倒産企業の元経営者の話が聞けて深く感じるところがありました。

―他の受講生とはどのように交流されましたか。また、他の受講者から学んだことなどがあれば教えてください。

最初の頃は緊張もありましたが、回を重ねるごとに講義後の懇親会が盛り上がり、講義についてもお互いの意見を述べ合いました。泊まりがけの現地視察では、講義以外の時間にも経営者同士ならではの話をさせていただきました。皆さん同じような悩みを抱えながら、それぞれの会社で頑張っていらっしゃることに、私自身も勇気とやる気をいただきました。

―受講を機に実践したこと・変革したことがあれば具体的に教えてください。よろしければその結果や感想などもお聞かせください。

博水社(ハイサワー) 田中社長の講義で学んだ「商品製作の完全アウトソーシング」は、弊社でも取り入れたいと考えています。何でも自社で、にこだわってきましたが、自社の不得意な部分はアウトソーシングし、得意なところを伸ばしていきたいですね。

色々なケーススタディーを様々な立場の経営者のお話から、(経営方法、所在地、企業内容、現地視察等で)を学ぶことができ、毎月の講義がとても楽しみでした。質疑応答の時間が長いのも素晴らしいですね。他の受講生からの質疑内容もとても参考になります。

講義内容は予想以上に刺激的で学びが多く、毎月お話を伺うことにより、高いモチベーションを持続することができました。日経トップリーダー大学を受講し、自分たちは何を目指すのか?自分たちのあるべき姿とは?を考え抜く中で、おぼろげながら経営という輪郭と方向性が見えてきたように感じます。

トップリーダー大学 第7期 受講者の声②

十和運送株式会社(茨城県/物流)

代表取締役 田上 貴義

―御社の事業内容、ご自身のプロフィールについて簡単に教えてください。

弊社は1967年創業の物流企業です。現在は5社のグループ会社とともに茨城県、千葉県、埼玉県、静岡県の4県11拠点でトラック運送を中心に事業を展開しています。私自身は大学卒業後、メーカー系物流子会社、ベンチャー系3PL会社を経て、2006年に十和運送へ入社。2014年10月社長に就任しました。

―日経トップリーダー大学を受講されたきっかけ、当時の課題について教えてください。

当時抱えていたのは事業承継問題。代表権はもちろん、父の仕事や数字に対する考え方が極端に偏っている上、社内はそれを自己解釈する社員ばかり。「今だけ金だけ自分だけ」という雰囲気を強く感じていました。これまでの良い部分を踏襲しながら、私自身がどこに軸足を置いて考え、どう伝えていくべきかが大きな課題でした。うまく事業承継が進まない中、相反する父と私の間で社員を板挟みにしてしまい、苦しませていることへの悩みもありました。そのような時に日経トップリーダー大学の存在を知り、「この高額な受講料を払ってまで勉強しに来るのは、一体どんな方々なのだろう」という興味もあって受講を決めました。

―印象深かった講師は?

すべての講師と言っても過言ではないのですが、あえて選ぶなら、アル・ケッチアーノの奥田シェフでしょうか。講義と現地視察の合宿を通して、地域を巻き込む考え方や、目に見えないものとの向き合い方など、非常に多くを学ぶことができました。

―他の受講生との交流はいかがでしたか?

受講後の懇親会や合宿などで、長い時間をともに過ごしました。それぞれの人となりを知ることができ、また自分をさらけ出すこともできるので、距離が縮まりやすかったですね。また、講義中の質疑応答では、自分にはない発想からの質問もあり、新しい視点や気づきを得ることができました。日常業務だけでは出会うことのない受講生との交流は得難く、大変貴重な機会となりました。

お申し込み
お申し込み

「日経トップリーダー大学」に関するお問い合わせ
日経BP読者サービスセンター
TEL:0120-255-255(土日・祝日・年末年始を除く、9~17時)

お申し込みはこちらお申し込みはこちら