中小企業のための経営戦略会議2014

当セミナーのお申し込みは終了いたしました。

気鋭の学識者が大集結!

中小企業にとって、骨太の経営戦略が今ほど必要な時代はないでしょう。
環境が猛烈なスピードで変化するなか、経営者は最善を瞬時に決断し、ブレることなく針路を示し続けなくてはなりません。
そこで、日経トップリーダーでは創刊30周年記念の特別企画として、ビジネス書のベストセラー作家でもある気鋭の学識者が一堂に会した豪華セミナーを11月末に開催します。さらに、激動の酒販業界で大改革を実現した3代目経営者も講師に加え、“中小企業の経営戦略のあるべき姿”を徹底的に探ります。

プログラム

  • 人口が減少する日本で、地方の中小企業にこそ広がる可能性がある――
    地域振興に奔走するエコノミストが、日本経済の「事実」を解き明かします。

    著書イメージ【プロフィール】
    1964年山口県生まれ。日本開発銀行(現・日本政策投資銀行)、米コロンビア大学ビジネススクール留学などを経て現職。研究分野は、人口成熟問題と地域振興。講演やコンサルティングのため全国各地を飛び回る。著書に『デフレの正体』『里山資本主義』など。

  • 優れた戦略は、ワンフレーズでは語れない。卓越した企業は、長くて力強い、骨太の物語をつむいできた――気鋭の経営学者が、経営者に向けて語ります。

    著書イメージ【プロフィール】
    1964年東京都生まれ。一橋大学商学部助教授および同イノベーション研究センター助教授などを経て現職。研究分野は、競争戦略とイノベーション。
    著書に『ストーリーとしての競争戦略』『「好き嫌い」と経営』など。

  • 名経営者たちが座右に置き、愛読した『孫子』が説く戦略論とは――
    孫子の兵法を知り尽くしたベストセラー作家が普遍の真理を解説します。

    著書イメージ【プロフィール】
    1965年東京都生まれ。『孫子』や『論語』『老子』などの中国古典の知恵をいかに現代に活かすかをテーマに、執筆や講演、研修を行う。著書に『最高の戦略教科書 孫子』など。「日経トップリーダー」に「『論語と算盤』再考」を連載中。

  • ピンチに立たされた3代目が、型破りな起死回生策に打って出た。
    苦境をしのぎ、売上高は20年で20倍に。
    その裏側にあった緻密な仮説・検証を経営者自らが赤裸々に語ります。

    【プロフィール】
    1959年東京都生まれ。首都圏中心に「なんでも酒やカクヤス」などを展開する。81年、祖父が創業したカクヤス(当時はカクヤス酒店)に入社し、93年社長就任。業界淘汰の嵐が吹くなか、無料宅配サービスの実現で会社を大きく発展させた。

開催情報

中小企業のための 経営戦略大会議2014
今とるべき勝ち残り戦略とは

主 催
日経トップリーダー
日 時
2014年11月28日(金)13:00~18:30(受付開始12:30)
会 場
秋葉原UDX 6階カンファレンスルーム(東京都千代田区外神田4-14-1)
定 員
150名
受講料

38,500円(税込)

※「日経トップリーダープラチナ会員サービス」が1年分付きます。 雑誌の送本開始はセミナー終了後となります。
※すでに「日経トップリーダープラチナ会員」の方は、現在の契約期間が1年延長となります。