日経トップリーダー Nextオーナーズ 「健康経営」が変える中小企業の活力と生産性 経営課題の解決に必要な人材をご紹介します。
  1. TOP
  2. 日経トップリーダー
  3. 日経トップリーダープラチナ会員サービス
  4. 書籍・別冊
  5. CD・DVD
  6. セミナー
  7. 法人サービス

セミナー

高収益商品開発塾 第7弾
当セミナーのお申し込みは終了いたしました。

高収益企業「キーエンス」出身、数多くの企業をコンサルティングしてきたヒットメーカー・高杉康成氏が、貴社の新商品企画を強力にサポートします。

カリキュラムの特長

カリキュラムの特長

講師プロフィール

  1. 高杉 康成氏

    コンセプト・シナジー株式会社 代表取締役
    高杉 康成(たかすぎ やすなり)

    神戸大学大学院経営学研究科修了(MBA)。経済産業大臣登録中小企業診断士。元、株式会社キーエンス、新規事業・新商品グループチーフ。営業担当として入社後、独自の営業スタイルで全国ランキング表彰、有効情報大賞などを受ける。その後、本社新規事業・新商品企画グループで、独自性の高い新商品のプランニングに携わる。現在は、新規事業・新商品開発、提案営業力強化をベースに全国の企業の収益力改善の指導を行っている。

講師からのメッセージ

世の中は変化しています。10年もたてば市場の状況は変わります。10年前にスマホのナビでドライブしていたでしょうか。音楽をダウンロードして聞いていたでしょうか。市場は常に動いているのです。市場のトレンドが変わると、顧客ニーズは変わります。つい最近までは、レンタルCDを借りてきて、カーナビに録音していました。ところが、数年もたつと「スマホに録音した音楽を通信して車で流したい」という新しいニーズが生まれてきています。時代の変化から生まれる「新しいニーズ」をどうとらえ、自社の技術と融合させ、魅力を向上させ、高く売れる商品に仕立てていくか。そのためには、従来とは違った発想、ノウハウが必要です。当塾では、これを実現するための様々なノウハウを講義で伝授し、それを実習で自社のテーマに移植する。併せて講師による直接指導の「ミニコンサル」でさらにステップアップさせていきます。


カリキュラム


<受講時間>[ 第1回から第3回] 13:00から16:20 [第4回、第5回] 日時を調整(各回1時間)


本塾を通して、目標到達へ!

実践講義、企画立案実習、添削指導


個別コンサルティング
「高収益商品開発塾」の事前説明会を開催します


高収益シリーズ参加者の声


事例1 いそのボデー 移動式セキュリティボックス「ⅰ-Safety」 事例1

夜の道路工事現場で不思議な光景を見かけた。資材や工事機材にシートがかけられ、チェーンでグルグル巻きにしてある。盗難防止対策であろう。そういえば、最近、何でも盗られる時代になってきた。世の中が変わってきているのである。なにも注意しなければそのまま忘れ去るのだが、それが自社の「コア技術」とつながると、新たなビジネスが生まれてくる。いそのボデーは、トラックのボデーを製作する中小企業である。ある日の「ニーズミーティング」で「自社のボデー技術を使って、工事現場で使える大型の金庫はつくれないか?」という発想が出てきた。これが新たなビジネスの起点となったのである。もともと、セキュリティ機能を持たせた自動ドア「i-SKIP」という商品はすでに開発済みであり、ボデー技術を組み合わせれば、現場用セキュリティボックスができそうである。ところが、1つだけ重要な技術が欠けていた。それは、「破られない壁」である。グラインダーやチェーンソーなどで簡単に破られては、現場金庫の役割を果たさない。そこで、幾度となくアイディア会議を開催し、一つの技術にたどり着いた。これで、現場用金庫に必要な技術はそろった。こうして生まれたのが、移動式セキュリティボックス「ⅰ-Safety」である。工事現場だけではなく、屋外イベントや災害時の避難場所などで、必要な時だけ運び、現場の金庫に様変わりする新しい商品である。世の中のトレンドが変われば、ニーズは変化するのである。

事例2 八光オートメーション「ラインストライパー」 事例1

車のドアの微妙なゆがみはどうやって検査しているのだろうか。実は、職人さんが目視でそれを見ている。その感覚は研ぎ澄まされたもので、100万分の1センチ(10ナノメートル)の変化を見落とさない。この「目利き術」は、車づくりにおいて何十年も残っている。ある意味、日常的な習慣となっているのである。ところが、時代が変化してきた。腕利きの職人は高齢化し、数値データも三次元化されてきた。最も重要な変化は、デザインが大幅に進化してきていることである。ボデーやドアは美しい曲線で構成され、車におけるデザインの重要性は以前にもまして増加している。こうなってくると、人が見るだけではなく、数値化して、連動させるニーズが生まれてくる。これに目を付けたのが、八光オートメーションの「ラインストライパー」である。従来は、ゆがみの変化を「高さの変化」として捉えようとしていた。例えると、海抜○○mという高さの連続で等高線を描くような感じである。ところが、ドアやボデーを10ナノメートルの精度で簡単に測る技術は世の中には存在しない。発想の転換が必要である。そこで、考え出したのが、「高さ」ではなく「変化」で見る方法である。スマホの保護シートでゆがんで貼ってしまったところに、自分の顔を映してみるとゆがんで見える。この原理を利用したのである。もともと持っていた画像処理技術を駆使し、曲線のボデーのゆがみを数値化することに成功したのである。この画期的な技術を用いた商品により、中小企業であっても、大手自動車メーカーと新規取引することを可能にしてくれたのである。

開催情報

日経トップリーダーセミナー

高収益商品開発塾 第7弾

【日 時】

[第1回]2016年6月8日 13:00~16:20
[第2回]2016年6月22日 13:00~16:20
[第3回]2016年7月6日 13:00~16:20
[第4回]2016年7月19日(あるいは7/20)
[第5回]2016年8月2日(あるいは8/3)
※第4回の7/19か7/20、第5回の8/2か8/3は個別コンサルとなるため開講後にご都合をお伺いして日程を決めます。

【会 場】 TKPガーデンシティ御茶ノ水(東京都千代田区神田駿河台3-11-1 三井住友海上駿河台新館)
【定 員】 12社(最少開催社数 / 5社)
【主 催】 日経トップリーダー
【受講料】 1社928,000円(税込)/ 1社3名まで受講可
1名追加(1社4名):1,078,000円
2名追加(1社5名):1,228,000円
3名追加(1社6名):1,378,000円
※価格はすべて税込


一覧に戻るページのトップへ

セミナー


プラチナ会員サービスのご紹介

日経トップリーダーが総力上げて経営者をサポートする「プラチナ会員」は、雑誌による経営情報の提供というこれまでのスタイルから、CD、DVDといったさまざまな情報メディアから、経営者のためのセミナー、交流会といったチャネルを総動員した、会員制のマルチパッケージ情報サービスです。

  • セミナーに関するご質問・お問い合わせはこちら

copyright (c) 2016 Nikkei Business Publications, Inc. All rights reserved.