日経トップリーダー Nextオーナーズ 「健康経営」が変える中小企業の活力と生産性 経営課題の解決に必要な人材をご紹介します。
  1. TOP
  2. 日経トップリーダー
  3. 日経トップリーダープラチナ会員サービス
  4. 書籍・別冊
  5. CD・DVD
  6. セミナー
  7. 法人サービス

セミナー

柔道と人間力
満席のため、当セミナーのお申し込みは終了いたしました。

柔道を創始した嘉納治五郎は柔道修行の目的を「自己の完成、世の補益」とした。格闘技である柔道だが、向かい合うべきは相手ではなく自分であり、強くなった心と身体は社会のために活用しなさいという教えである。選手として指導者として世界を目指す中で、夢を叶えるために「必要なこと」が見えてきた。現実には、努力が報われるとも夢は叶うとも言えないが大事なことは夢を追いかける過程の中で経験したことであり、学んだことだと思う。人を生かすためには自らが学び続ける気持ちが欠かせない。2020年に決まった東京オリンピック・パラリンピックは私たちに大きな夢を与えてくれる。次世代に残したい日本をスポーツ界のみならず、チームジャパンで描いていきたい。

開催概要

【主 催】 日経BP社「日経トップリーダー」経営者クラブ
【日 時】 2014年2月20日(木)15:00~16:30
※受付開始は14:30の予定
【会 場】 水戸プラザホテル ガーデンルーム
(水戸市千波町2078-1)
※セミナー会場への具体的な行き方はこちらをご参照ください
【受講料】 ●一般価格:10,000 円(税込)
●会員価格:無料

※読者・会員価格は「日経トップリーダー」定期購読者、「日経トップリーダープラチナ」会員、「日経トップリーダー」経営者クラブ会員が対象となります。
※一般価格での申込みは、「日経トップリーダー」半年(6冊)購読付きとなります。雑誌の送本開始はセミナー終了後になります。
※お申し込みの方には順次、受講券をお送りいたします。また満員の時にはお断りすることがあります。

プログラム

  1. 山口香氏
    女子柔道メダリスト 筑波大学大学院准教授 山口香(やまぐちかおり)氏

    【経歴】
    昭和39年(1964年)東京都生まれ。小学校に入ってすぐ(6歳の時)、週6日という厳しい道場に通う。以来、中学・高校と柔道部に入らず修行して、中学生の時に早くも全日本チャンピオンになる。女子柔道界の先駆者として"女三四郎"の名で人気者に。初めての海外遠征は、高校一年生の時、世界女子柔道選手権で準優勝。全日本女子柔道体重別選手権大会(52㎏級)では、実に13歳から22歳まで10連覇、トップの座を守り続けた。平成元年、現役引退後は、母校の筑波大学で女子柔道部の監督や全日本柔道連盟女子強化コーチとしてオリンピック等に向け後進の指導にあたってきた。現在は、母校筑波大学において教鞭をとる傍らキッズ柔道などの普及に努めている。マスコミへの出演も多く、女子柔道テレビ中継解説を務める。平成23年、日本オリンピック委員会(JOC)理事に就任。主な戦績:昭和53~62年、全日本女子柔道体重別選手権10連覇。昭和59年、第3回世界選手権で金メダル。昭和63年、ソウルオリンピック銅メダル。

一覧に戻るページのトップへ

セミナー


プラチナ会員サービスのご紹介

日経トップリーダーが総力上げて経営者をサポートする「プラチナ会員」は、雑誌による経営情報の提供というこれまでのスタイルから、CD、DVDといったさまざまな情報メディアから、経営者のためのセミナー、交流会といったチャネルを総動員した、会員制のマルチパッケージ情報サービスです。

  • セミナーに関するご質問・お問い合わせはこちら

copyright (c) 2016 Nikkei Business Publications, Inc. All rights reserved.