日経トップリーダー Nextオーナーズ 「健康経営」が変える中小企業の活力と生産性 経営課題の解決に必要な人材をご紹介します。
  1. TOP
  2. 日経トップリーダー
  3. 日経トップリーダープラチナ会員サービス
  4. 書籍・別冊
  5. CD・DVD
  6. セミナー
  7. 法人サービス

セミナー

粘り腰とチャレンジ精神で成長の波に乗れ
当セミナーのお申し込みは終了いたしました。

国内市場の縮小基調が続く中、今やアジアや中国に進出する中小企業は珍しくありません。文化や風習、言葉などの違いから一筋縄ではいかないこうした国々に、どう向き合っていけばいいのか。現地事情に詳しい識者、専門家、企業のトップなどから直接話を聞く絶好の機会です。


開催情報

日経トップリーダーセミナー

アジア・中国市場はこう掴め!

粘り腰とチャレンジ精神で成長の波に乗れ

【日 時】 5月27日(月) 14:00~17:00 ※受付開始は13:30
【会 場】 秋葉原コンベンションホール(東京都千代田区外神田1-18-13 秋葉原ダイビル2F)
【交 通】 JR秋葉原駅から徒歩1分
【主 催】 日経BP社・日経トップリーダー
【受講料】 ●一般価格:10,000円(税込)
●会員価格:無料

※会員価格は「日経トップリーダー」定期購読者、「日経トップリーダープラチナ」会員、「日経トップリーダー」経営者クラブ会員が対象となります。
※一般価格での申込は、「日経トップリーダー」半年(6冊)購読付きとなります。雑誌の送本開始はセミナー終了後になります。
※お申し込みの方には順次、受講券をお送りいたします。また満員の時にはお断りすることがあります。



プログラム ※講演者、講演タイトル、スケジュールなどは予定です。

  1. 丹羽 宇一郎氏

    第一部

    中小企業は新体制の中国にどう向き合う?(予定)

    前駐中国大使
    丹羽 宇一郎

    伊藤忠商事の社長として約4000億円の不良債権を一括処理し、翌期の決算では同社の過去最高益を更新させた敏腕経営者。早くからアジアや中国市場を日本企業が取り込んでいく「アジア内需」の重要性に注目しており、2010年から12年までは戦後では民間出身で初めての中国大使を務めた。新体制となった中国市場に対してどのように向き合うべきかを、改めて聞く。

  1. 秦泉寺 大興氏

    第二部

    中国におけるビジネスリスクと備え(予定)

    AIU保険会社 執行役員
    秦泉寺 大興

    著しい経済成長を続ける中国は、企業にとって魅力のあるマーケット。しかし日本国内のビジネスだけを考えていては想定できないようなリスクが潜んでいる。それらのリスクを紹介しつつ、リスクの背景にあるのは何なのか、また企業はどのような備えが必要なのか、ニューヨークでAIGに入社し、コマーシャルラインのアンダーライター・部門長を歴任するなど、グローバル経験豊富な秦泉寺が解説する。

  1. 稲田 壮秀氏

    第三部

    オーナー魂で中国事業を前に進める

    発美利健康器械(上海)有限公司(ファミリー中国法人)董事長
    稲田 壮秀

    ファミリーはマッサージチェア専業大手であり、製造販売を行っている。業界のリーディングカンパニーとして最新技術の開発力を持つ。稲田壮秀氏は創業者・二千武社長の長男として、オーナー魂を胸に中国事業の最前線に立つ。上海工場のカイゼンに取り組み業務効率を高めているほか、販売面では「INADA」ブランドの製品を富裕層向けに売り込む。中国ビジネスの「今」の勘所を具体的な取り組みを踏まえながら語る。



一覧に戻るページのトップへ

セミナー


プラチナ会員サービスのご紹介

日経トップリーダーが総力上げて経営者をサポートする「プラチナ会員」は、雑誌による経営情報の提供というこれまでのスタイルから、CD、DVDといったさまざまな情報メディアから、経営者のためのセミナー、交流会といったチャネルを総動員した、会員制のマルチパッケージ情報サービスです。

  • セミナーに関するご質問・お問い合わせはこちら

copyright (c) 2016 Nikkei Business Publications, Inc. All rights reserved.