日経トップリーダー Nextオーナーズ 「健康経営」が変える中小企業の活力と生産性 経営課題の解決に必要な人材をご紹介します。
  1. TOP
  2. 日経トップリーダー
  3. 日経トップリーダープラチナ会員サービス
  4. 書籍・別冊
  5. CD・DVD
  6. セミナー
  7. 法人サービス

セミナー

本セミナーは満席のため受講受付を終了しました。



「今どきの若手を理解できない」「若手が育たない」「指示待ちで自ら動けない」・・・
若手や人材育成に対する問題意識は多くの企業が持っています。しかし「人が育たない」のは育てる側に、そのノウハウや経験がないからではないでしょうか。「今どきの若手」も含め、人材は勝手には育ちません。必要なのは「体系立てた育て方」を学び、それを「現場で実践できる」指導者です。
本講座では、若い人材で急成長を遂げたネクストや、新人を半年で一人前に教育するキーエンスで若い世代を育て上げてきた御供田省吾氏が、これまでの経験で実際に成果を上げた若手が戦力化していく具体的手法を2日間の集中講義で習得していただきます。
貴社の現場マネジャーやリーダー、中堅社員といった立場の方に、ぜひ体系立てた「育てる技術」を学ばせてください。若手社員、部下がみるみる変わるはずです。



こういった課題をお持ちの方に受講をおすすめします!

開催情報

日経トップリーダーセミナー

管理職・リーダーのための"育てる技術"養成講座

「今どきの若手」への指導に必要な3つの仕掛けを学ぶ

【日 時】 [1日目]2012年11月16日(金) 14:00~18:00
[2日目]2012年11月17日(土) 10:00~17:00
【会 場】 日経BP社 セミナールーム(東京都港区白金1-17-3 NBFプラチナタワー 4F)
【定 員】 40名(先着順) ※最小開催人員10名
【主 催】 日経BP社・日経トップリーダー
【受講料】 ●一般価格(1名):110,000円(税込)
●会員価格(1名):100,000円(税込)

※会員価格は「日経トップリーダー」経営者クラブ会員、「日経トップリーダー」定期購読者、「日経トップリーダー」プラチナ会員に適用されます。それ以外の方は一般価格でお申し込みください。

講師プロフィール

  1. 御供田 省吾氏

    組織営業総研 代表
    御供田 省吾(ごくでん しょうご)

    キーエンスに入社後、一貫して現場でのコンサルティング営業に従事。エリア責任者として売上を拡大すると同時に人材育成に携わる。その後、日本最大級の不動産ポータルサイトを運営するネクストに入社。
    新卒~30代の営業マンが成果を出しながら成長する組織を独自の手法で創り上げ、社内で最も平均年齢の若い組織で成果を出しながら、次世代の現場マネジャーを排出してきた実績を持つ。また社内大学制度の営業学部長として、営業や組織マネジメントの手法など自らの経験を後進に指導する役割も果たす。

カリキュラム

1日目 [11月16日(金)]
14:00~18:00
「3つのツール」で【今どきの若手が理解できない】を解決する

Step1 若手を戦力化する環境の整備


若い人材の「考えていること」「行動要因」をどうすれば理解できるのか? 自分自身が向き合うべき課題をわからせるにはどうすればいいのか?育成現場でよく聞かれるこんな悩みは若い人材を「本当の意味で知る」コミュニケーション不足が原因です。Step1ではこれらの問題解決の鍵となる3つのツールを紹介します。そして、相手を知り、相手に知ってもらうことで改めて具体的になる「育成ポイント」を元に個々に合わせた指導を実践し、「理解出来ない若手」を「育てるのが楽しみな若手人材」へ変えていく仕掛けまでを学びます。

●【2つのMap】を使い、若い人材の「考え方」「行動要因」を引き出し、
 理解する
●若い人材自身に、自らの強みや向き合うべき課題を認識させるツール
 【FOシート】の活用方法
●「育てる技術」の心得①ー若い人材の育成において、
 「やってはいけないこと」とは
2日目 [11月17日(土)]
10:00~17:00
適切な「褒める」「叱る」が、継続的な育成アプローチを実現させる

Step2 人材のモチベート


若い人材にかぎらず、人を育てるためには効果的な「観る」「褒める」「叱る」スキルを、指導する側が身につける必要があります。どのように褒めて、どのように叱ることが、「育てる技術」として人材をよりモチベートするのか。日常の具体例をあげながら解説することで、現場ですぐに活用できるノウハウを学びます。

●モチベートに繋がる日常の「観る」「褒める」「叱る」ポイントと
 その対応方法
●育てるための【叱るー諭す】技術
●人材の「やる気」「自ら動く姿勢」をより引き出すための仕事環境の
 整え方とは
●「育てる技術」の心得②ー若い人材の育成において、「すべきこと」とは
 
人材育成も成果達成も実現させる施策立案とその運用管理のノウハウ

Step3 戦力化への成功体験


人材の成長(戦力化)に必要な要素に「成功体験」があることは言うまでもありません。しかし、仕事の中で継続して成功体験を積ませていくには、単純にゴールや目標を設定するだけでは不十分です。成果を出しながら人材の育成も実現させるには、どのように施策を作り運用管理すれば良いのか? 成功体験を積ませるための【3つの鉄則】を軸に人材育成ができる現場マネジャーとしての施策力強化を狙います。

●成功体験を積ませる為の【3つの鉄則】
  1. 成功イメージをもたせる
  2. 適切な目標設定を行う
  3. 「徹底」をベースにした施策進捗管理をする


「育成に悩む現場」と「成功する現場」では、どこが違うのかを比較。施策立案~運用管理~アウトプットという一連の流れの中で、どのような施策を実践すれば良いか解説します。受講者の現状と比較しながら進めることで、受講後の具体的改善ポイントをイメージしてもらいます。

一覧に戻るページのトップへ

セミナー


プラチナ会員サービスのご紹介

日経トップリーダーが総力上げて経営者をサポートする「プラチナ会員」は、雑誌による経営情報の提供というこれまでのスタイルから、CD、DVDといったさまざまな情報メディアから、経営者のためのセミナー、交流会といったチャネルを総動員した、会員制のマルチパッケージ情報サービスです。

  • セミナーに関するご質問・お問い合わせはこちら

copyright (c) 2016 Nikkei Business Publications, Inc. All rights reserved.