日経トップリーダー Nextオーナーズ 「健康経営」が変える中小企業の活力と生産性 経営課題の解決に必要な人材をご紹介します。
  1. TOP
  2. 日経トップリーダー
  3. 日経トップリーダープラチナ会員サービス
  4. 書籍・別冊
  5. CD・DVD
  6. セミナー
  7. 法人サービス

セミナー

事業承継塾 3日間集中 少人数制・短期養成プログラム
当セミナーのお申し込みは終了いたしました。

日経トップリーダーが"後継者となるために必要な3つの力"を考え、
独自プログラムを構成しました。

強力なリーダーシップで社員の先頭に立ち、不況や苦境をものともせず事業を支えていかなければならない--。そんな重責を前に、後継者の立場としていま、どのような準備が必要でしょうか。本塾では、後継者が感じている不安を解消する決め手となるテーマを3つに絞り込み、その"理論"と"スキル"を短期間で体得いただきます。本塾修了後には、「リーダーシップ」「財務力」「プレゼン力」の3つの強力な武器を手に、人を動かす、事業を動かす頼もしい後継者になっていることをお約束します。


後継者が感じている不安を解消する決め手となる3つのテーマ

同じ立場の後継者が集い、お互いを高め合う場です。

開催情報

日経トップリーダーセミナー

子供に後を継がせたい、全てのオーナー経営者の方へ

事業承継塾

短期間で、会社の未来を担う頼もしい後継者に!
3日間集中 少人数制・短期養成プログラム

【日 時】 第1回:2012年10月31日(水)10:00~18:00
第2回:2012年11月16日(金)10:00~18:00
第3回:2012年12月19日(水)10:00~18:00
【会 場】 アーバンネット神田カンファレンス(東京都千代田区内神田)
【定 員】 24名(先着順) ※最小開催人員15名
【主 催】 日経BP社・日経トップリーダー
【受講料】 ●一般価格:200,000円(税込)<全3回>
●会員価格:180,000円(税込)<全3回>

※会員価格は「日経トップリーダー」経営者クラブ会員、「日経トップリーダー」定期購読者、「日経トップリーダー」プラチナ会員に適用されます。それ以外の方は一般価格でお申し込みください。

スケジュール

第1回 10月31日(水) 
人を動かす力、リーダーシップを身に付ける
~カリスマ不要の「リーダーシップ」スキル~
10:00~17:00 講義とワーク

古参社員から若手まで、社員を動かすリーダーシップをスキルとして 習得いただきます。メソッドSLⅡ※1を理論とワークで学びます。


●スキルとしてのリーダーシップを発揮するにはまず人材診断が必要
・社員の人材開発レベルを診断する2つの視点、「技能」と「意欲」
・技能は、「専門技能/知識」と「既得能力」、意欲は「やる気」と「自信」で診断

●スキルとしてのリーダーシップ実践法の習得
・自分のとりがちな「リーダーシップスタイル」の把握と反省
・柔軟性をもって使い分ける最適「リーダーシップスタイル」とは
・社員の人材開発レベルを高めるリーダーの4つのスタイルと14の行動
・技能を伸ばす支援的行動、「聴く」「褒める」「情報共有」「行動の論理解説」...
・意欲を高める指示的行動、「目標目的設定」「役割・明確化」「仕事術指導」... ほか

※1:SLⅡ=シチュエーショナル・リーダーシップIIは、『1分間マネジャー』の著者、米ケン・ブランチャード博士の科学的アプローチにより世界で初めてリーダーシップをスキルとして捉えたトレーニングメソッド。世界中の主要企業が採用。 SLⅡ®研修で習得するスキル。

山下淳一氏 [講師] 山下淳一氏
The Ken Blanchard Companies 公認トレーナー。金融機関で経営戦略に直結した人材・組織開発のための研修教育コンテンツの開発運営、次世代リーダー育成に携わった。現在、ピープルフォーカス・コンサルティングプロフェッショナル・アソシエイト。
17:00~18:00

参加者交流会

第2回 11月16日(金) 
事業を動かす力、お金を制御する力を身に付ける
~お金の「ルール」と「パワー」と「リスク」~
10:00~18:00 講義とワーク

「会社のお金」を理解し、会社が進む方向を決める分析力と判断力を、理論とワークで身に付けます。


●ジリ貧にならないための手元キャッシュ額と借金で買える3つのもの
●会社のお金の仕組みと意思決定に必要な「業種別戦略的重要指標」
●売上減の時代でも「無敵の会社」を作るために財務でできること
・パーキンソンの法則と「利益なき繁忙」
・誰でもできる固定費削減のための4つのステップ
・「普通の人が普通以上の働きをする」ことで実現する人件費削減 ほか

●オーナー企業ならではのお金の残し方と金融機関対応術
・オーナー企業の基本、稼いだキャッシュは法人・個人で把握
・「特別償却」と「税額控除」、どちらを選べばお金は残る?
・楽しい仕事は金が寝る──「利益率と仕事の満足度反比例の法則」 ほか

●ワーク
・増加運転資金額、損益分岐点売上高の計算演習 ・利益感度分析、貢献利益分析の演習
吉澤大氏 [講師] 吉澤大氏
税理士、中小企業診断士。本郷公認会計士事務所(現辻・本郷税理士法人)勤務などを経て吉澤税務会計事務所開設。現在、同事務所代表。「潰れない会社づくりに寄与する」をミッションとし「あなたの会社のファイナンス用心棒」を自称。著書多数。
第3回 12月19日(水) 
思いを伝える力、プレゼン力を身に付ける
~流暢でなくていい。心に響く言葉とその伝え方~
10:00~11:30 講演

"社長は社員に何をどう伝えてきたか。新規事業会社と継承した親会社、2つの会社を成長させてきた先輩後継経営者からアドバイス。


●試行錯誤と学びから得た、社員に伝える言葉と行動
・事業開始後5年間で、社員自らが動く会社になった新規事業会社で挑戦したこと
・社員への指導と支援は、年1回の事業所視察と年6回の幹部会のみで十分な秘訣とは
・バイトにも見せる経営指標、整理整頓、社員のアイデアを活かす経営で社風づくり
・親会社は、安心して古参の社員に任せられるリーダーシップ  ほか

大西雅之氏 [講師] 大西雅之氏
ノア・インドアステージ社長、日東社社長。県立神戸商科大学卒後、父が経営する日東社入社。同社関連事業の姫路テニスクラブの支配人、ノア・インドアステージ副社長などを経て2004年から現職。06年からは日東社の社長も。日本テニス事業協会常務理事。
12:30~16:30 ワーク

リーダーシップの発揮には伝える力が必要です。社員ほか社外関係者に思いをしっかり伝えるためのプレゼン力を養います。


●思いを伝えられるようになるためのワークショップ
・第1回、第2回の内容を振り返りつつ、自社の経営・商品・技術などについて日頃の思いを作成。
・ガイダンス:プレゼンとは。プレゼンを聞く人のフィードバックとは。
・プレゼン1:思いをグループメンバーにプレゼン。
・プレゼン1の内容とプレゼンの方法を講師、メンバーで議論し講評。
・プレゼン2:講評を参考に再びプレゼンに挑戦。
・プレゼンの意義、及び自分のプレゼン力についての気づきを議論。

●懇親会での決意表明に、向上したプレゼン力をさっそく応用してみます。

千葉由希彦氏 [講師] 千葉由希彦氏
人材開発インストラクター。組織心理学研究者。金融機関にて人材開発、契約部長、外資系メーカーにて、オペレーションGM、トレーニングマネジャーなどを歴任、ほか。現在、受講者数はこれまでのべ300社、6,000人超。共著・監修に『リーダー社員の人間力』
16:30~18:00

懇親会


一覧に戻るページのトップへ

セミナー


プラチナ会員サービスのご紹介

日経トップリーダーが総力上げて経営者をサポートする「プラチナ会員」は、雑誌による経営情報の提供というこれまでのスタイルから、CD、DVDといったさまざまな情報メディアから、経営者のためのセミナー、交流会といったチャネルを総動員した、会員制のマルチパッケージ情報サービスです。

  • セミナーに関するご質問・お問い合わせはこちら

copyright (c) 2016 Nikkei Business Publications, Inc. All rights reserved.