プログラム内容

独自の手法で成功を収めた経営者から経営ノウハウを学ぶ、1年間の充実したカリキュラム。

経営基礎 大和ハウス工業 樋口武男 会長兼CEO
言わずと知れた日本屈指の住宅メーカー。創業者、石橋信夫氏の「挑戦の精神」を受け継ぎ、戦後の住宅業界に革命を起こしてきた。売上高3兆円に迫りながら、「うちは中小企業」と公言し、危機感を忘れない。尿糖値や血圧が測れるインテリジェンストイレ、高齢者の動作支援用ロボットスーツなど、既存事業の枠を越えた斬新な商品を生み出している。
人材育成論 びわこホーム 上田裕康 会長
滋賀県東南部を拠点に、土地や中古住宅の売買から、新築木造住宅の設計・施工、リフォームまでを手掛けている。住宅業界の常識である歩合制を廃止することによって、一部のエース営業担当者に依存する体制から脱却。“その他大勢の普通の社員”が平均的に頑張る仕組みを導入することによって、地元ナンバーワンに成長している。
夏合宿 [長野] フィールド演習・工場見学会 伊那食品工業 塚越寛 会長
長期的な視点から経営を考える「年輪経営」で知られ、寒天製造販売で48期連続の増収増益などを実現してきた。「会社は経営者や株主のためではなく、社員全員の幸せのためにある」が持論だ。急成長を戒めると同時に、職場環境や待遇を着実に改善している。優秀経営者賞、グッドカンパニー大賞グランプリなどを受賞している。
事業承継論 石坂産業 石坂典子 社長
トラック運転手の間で「心癒される運搬先」と評判の産業廃棄物処理会社。2児の母でもありながら、父である先代の後を継いで経営の最前線に立つ。最先端の設備と社員教育に大胆に投資しながら、価格競争とは一線を画するなど、次々と改革を進め、独自の経営戦略で会社をさらなる飛躍に導いている。
マーケティング論 ラッキーピエログループ 王一郎 代表
1987年に北海道・函館のベイエリアにある倉庫街に1号店を出して以来、人口約28万人の函館市を中心にハンバーガーレストランをチェーン展開する。地域密着、地産地消、環境への優しさにこだわる戦略を徹底的に貫き、函館周辺で大手チェーンの追随を許さない。2007年に一村一品優秀賞受賞、2008年に北海道ホクレン夢大賞優秀賞を受賞している。
理念経営論 坂東太郎 青谷洋治 社長
創業から掲げる「人間大好き・親孝行」という経営理念のもと、コストや効率を優先せず、親しみやすく温かみのある接客で、シニアをはじめとする顧客の心をがっちりつかんでいるファミリーレストラン。外食の市場環境が厳しい中、着実に成長している。理念に基づく従業員の人材育成に全力を注ぎ、やる気に満ちあふれたチームをつくり上げている。
経営再建論  ファンケル 池森賢二 会長グループCEO
他社に先駆けて防腐剤や香料を使わない「無添加化粧品」を作り上げ、会社を急成長させた創業者。一度は経営の第一線から退いたものの、業績不振を受け、13年4月、75歳にして8年ぶりに復帰を果たした。自ら任期を3年と区切り、創業者にしかできないスピード感で経営改革を矢継ぎ早に断行している。
秋合宿  [福島]フィールド演習・現地見学リスクマネジメントセミナー 常盤興産(スパリゾートハワイアンズ) 坂本征夫 顧問
現・スパリゾートハワイアンズの創設メンバー。1967年の入社以来、「一山一家」の精神のもと最前線で活躍し炭鉱から常磐ハワイアンセンター(当時)に事業の軸足を移した激動の時代を知り尽くしている。11年3月の東日本大震災という未曾有の危機も、従業員をリストラすることなく、全社一丸となって乗り越えた。会社存亡の危機に立ち向かう際に何が大切かを体得している。
セルフマネジメント論 小松ばね工業 小松節子 会長
創業者の父親が急逝し、主婦から84年に社長に就任。一念発起して経営者としてゼロから勉強を始め、経営コンサルタントの一倉定氏のセミナーには、テーマや内容が同じでも、自分の中に刷り込むため15年間、毎月欠かさず参加した。経営者としてのスキルを高めながら、精密ばねの分野に事業領域を特化することで優良企業に育ててきた。
企業組織論 平成建設 秋元久雄 社長
静岡県沼津市に本社を置く建設会社。高学歴の大工を社内で育て上げることで、業界内で広く知られる。部下の投票によって上司を決める「社内総選挙」を実施するなど、組織活性化のために工夫を凝らし、会社の業績を伸ばし続ける。社長の仕事は中期経営計画の策定と採用と公言し、その2つにこだわり抜く。
冬合宿 [高知] フィールド演習・ES・CS向上セミナー ネッツトヨタ南国 横田英毅 相談役
販売激減に苦しむ国内自動車市場で、堅調に売り上げを伸ばす。強さの秘密は、顧客の心を先取りするかのような接客やサービスの提供だ。販売担当者に対しては、台数のノルマがないため、強引な値引きで顧客をつなぎ留めようとはしない。厳選され、徹底的に鍛えられた社員が「顧客の幸福」を追求し、価格以上の満足感を提供することによって業績を伸ばしている。
オーナー経営者論 加賀電子 塚本勲 会長
アナログからデジタルへと大きく変化する激動の時代を生き抜いてきた電子部品専門商社。約50年前に弟と2人、四畳半で独立を決意して以来、トップとして周囲を引っ張り、国内外グループ企業50社、従業員約4800人を抱えるまでに成長させた。従業員を家族のように考えて接することで、結束力の強い営業集団を形成する。