社長力アップ講座 【11月】社長のための怒りの感情コントロール術【10月】「地盤」「看板」「かばん」を承継するために【9月】次世代を幸せにする企業経営の在り方とは【8月】中小企業はトップの「承認力」で強くなる【7月】工場長のいない製造業! 社員が自分で考えて動く、自律する組織のつくり方【6月】若手社員のヤル気を引き出すユニーク研修【5月】“つもり”コミュニケーションから脱する法 【2月】人が輝く組織づくり

開催情報

当セミナーは、申し込みを締切りました。

5月

“つもり”コミュニケーションから脱する法

【主催】 日経トップリーダー
【日時】 2016年5月17日(火)15:00~16:30(14:30開場予定)
【会場】 ツイン21MIDタワー
(大阪市中央区城見2-1-61 TWIN21)
【交通】 JR大阪環状線、JR東西線 京橋駅 ・・・・・・・・・ 徒歩5分
京阪本線 京橋 ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 徒歩5分
地下鉄長堀鶴見緑地線 大阪ビジネスパーク駅 ・・・ 徒歩1分
※セミナー会場への具体的な行き方はこちらをご参照ください
セミナーの内容
社員に「伝えたつもり」「話したつもり」「ただ言葉を並べて伝わったつもり」になっているトップは意外と多いもの。
こうした“つもり”コミュニケーションから抜け出すにはどうすればいいか。
社員のモチベーションを上げる話ができない、アイデアが飛び交う環境がつくれない――。
そんな企業のトップに、風通しが良く、イノベーションが起きやすいコミュニケーション術のコツを伝授する。
まず、コミュニケーションの意味を、言葉が誕生した時代背景から考察。
例えば、「ハニカミ王子」という言葉が2007年にどうして流行語大賞をとったのか?
その隠された秘密を通して、経営者にとって大切な、人の心に刺さるコミュニケーション術を、番組制作28年、現在もニュースキャスターという経験から構築したメソッドを通じて、参加者とともに考えていく。

※セミナープログラムは変更になる場合があります。最新情報は随時このページを更新してご案内します。


講師の紹介

多賀公人 氏
Y&I(ユイ)コミュニケーション・ラボ 代表 多賀公人 氏

神戸大学大学院経営学研究科(MBA)修了。
国際ロータリー財団ジャーナリズム部門奨学生として米サンフランシスコ州立大学日米研究所に留学。
キャリアコンサルタント技能士。民放テレビ局で28年間プロデューサー兼アナウンサーとして勤務後に独立。
2007年の流行語大賞「ハニカミ王子」の名付け親。
現在もニュース番組キャスター、ゴルフ実況担当として活動中。
ゴルフ中継を行いながら多くのプロゴルファーの人生を捉え、ゴルフと経営におけるマネジメントの共通性を説く。
併せて「共感と心に刺さるコミュニケーション」からイノベーションが生まれるという持論から、企業内コミュニケーションを中心に企業向けの研修カリキュラム提案や企業コンサルを行う。
香川大学客員教授など多くの大学で講師も務める。
主な著書『プロゴルファーという生き方』(日経BP)

ご参加方法

本セミナーは、日経トップリーダー プラチナ会員限定のセミナーです。会員の方は受講無料です。右の「お申し込みはこちら」ボタンから申込ページに進み、日経BPパスポート登録の「E-Mailアドレス」、「ユーザーID」、「パスワード」をご入力の上お申し込みください。

※先着順で定員になり次第、締め切らせていただきます。受講票は、開催の約3週間前から順次お送りします。

会員以外の方へ

受講には日経トップリーダー プラチナ会員へのご入会が必要です。セミナー受付と同時に日経トップリーダー プラチナ会員へのご入会(期間1年:12冊)の手続きをとらせていただきます。予めご了承のうえ、お申し込みください。

なお、入会はお電話でもお申し込みいただけます。

【日経BP社 読者サービスセンター】
0120-255-255 (土日祝日を除く、9:00~17:00)

※携帯電話、PHSからは03-5696-1111までおかけください。



満員御礼 満員御礼 おかげさまで日経トップリーダープラチナ会員サービスの経営実務セミナーは定員となりました。大変申し訳ございませんが、経営実務セミナーへの参加申し込みは終了させていただきました。