不安な時代に飛躍する「社長の条件」

開催情報

当セミナーは満員のため、申し込みを締切りました。

不安な時代に飛躍する「社長の条件」

【主催】 日経BP社・日経トップリーダー
【日時】 2012年4月26日(木) 10:00~17:00 (開場 09:30)
【会場】 品川プリンスホテル アネックスタワー5階 プリンスホール
セミナーの内容
日本では多くの分野で成長が頭打ちになっています。また、欧米の停滞、新興国の台頭と、世界市場も大きく動いています。経営者はこの変化にどう向き合えばいいのか、その答えが、必ず見つかります。

※ セミナープログラムは変更になる場合があります。最新の情報は随時このページを更新してご案内します。


講師の紹介

社長挨拶
森雅彦氏/森精機製作所取締役社長
こうすれば世界でモノが売れる!

アジアの台頭にも動じず、強さを維持する日本メーカーはたくさんあります。中でも、緻密な分析眼に基づいた攻めの経営で知られるのが、森雅彦社長です。父と伯父たちが創業した工作機械メーカーを発展させ、世界に冠たる企業に育て上げられたのはなぜか。そして日本のものづくりは今後どこに向かうのか。気鋭の経営者が語り尽くします。

野村和史氏/南武代表取締役上島秀美氏/上島熱処理工業所代表取締役海老名伸哉氏/ヱビナ電化工業代表取締役社長

世界的に知られる町工場の集積地、東京都大田区。日本のものづくりの一大転換点に、経営者たちはどう挑むのか。グローバル展開する油圧シリンダーの南武、創業以来営業マンゼロを貫く技能者集団の上島熱処理工業所、研究開発型めっき工場のヱビナ電化工業。大田区を代表する3社の社長によるパネルディスカッションです。

木川眞氏/ヤマトホールディングス代表取締役
クロネコヤマトの満足創造経営 震災復興とCSR

「ヤマトは我なり」。宅急便事業を興した小倉昌男氏の創業精神は今なお、社内の隅々にまで行き渡っています。そのDNAがさまざまな新サービスを生み出す元となり、そして東日本大震災後の現地社員の迅速な動きにつながりました。人口減少下の日本で発展を続ける、ヤマトグループの本当の強さを木川眞社長が語ります。

大塚 正則/サトーホールディングス顧問 (元 サトー社長)
たった三行で会社は変わる 変化と行動の経営

世界ヒット商品「ハンドラベラー(値付け機)」を発明したサトー(現サトーホールディングス)の創業者佐藤 陽氏の側近として20年近く仕え、"あくなき創造" という経営哲学を3 代目社長として実践。社員が経営トップに毎日三行で提案・報告するユニークな経営モデルなどを駆使して、サトーは13期連続増配してきた。経営が硬直化しがちな日本企業に共通する課題を前に、社長と社員の距離感ゼロを実現した同社の元社長が語ります。

藻谷浩介氏/日本総合研究所調査部主席研究員
デフレの正体と企業の針路

ベストセラー書『デフレの正体』で、人口構造などを基に日本経済の実像をあぶり出した藻谷浩介氏。世間で広く常識と思われていることも冷静に分析すると、根拠が明確でないことが珍しくありません。事実は何か。日本の真の問題点はどこにあるのか。藻谷氏が誤解のベールを剥がし、日本企業の針路を大胆に示します。


満員御礼 満員御礼 おかげさまで日経トップリーダープラチナ会員サービスの経営実務セミナーは定員となりました。大変申し訳ございませんが、経営実務セミナーへの参加申し込みは終了させていただきました。