「まぐれ」と「極意」 勝負に勝つ上達のセオリー 豊田泰光・著

「まぐれ」と「極意」勝負に勝つ上達のセオリー 豊田泰光・著 「まぐれ」と「極意」 豊田泰光

著者プロフィル 豊田泰光 Yasumitsu Toyoda

1935年2月12日茨城県生まれ。52年、水戸商業の遊撃手として甲子園に出場し、開会式で選手宣誓。翌年、西鉄ライオンズに入団し、新人王に。56年から西鉄の3年連続日本一に貢献し、首位打者や日本シリーズMVPなど数々のタイトルに輝く。日本シリーズの通算打率は3割6分2厘。オールスターに10回出場し、その平均打率は3割2分1厘。チャンスに強い打者として多くのファンをひきつけた。69年に現役引退。近鉄バファローズのコーチを経て、72年から評論活動に入る。野球界のご意見番として健筆をふるい、『すべては野球が教えてくれた』『プロ野球を殺すのはだれだ』など著書多数。2006年1月に野球殿堂入り。

ビジネスリーダー必読!

本書は、日経トップリーダーの前身「日経ベンチャー」に連載され、経営者などビジネスリーダーに大好評を得ていたコラム「勝負に勝つリーダー学」を一冊にまとめたものです。

情熱を持って臨む中で、自分なりに発見するものだ。

仕事の「極意」は人によってそれぞれ違うと思う。
「極意」は誰かに教えてもらうものではない。
情熱を持って臨む中で、自分なりに発見するものだ。

野球ファン必読!

イチローの内野安打、原辰徳監督の名采配、王貞治・長嶋茂雄のヒーロー伝説などを読み解きながら、勝負に勝つための「極意」を学べる。

だから名選手・名監督は心得ていることがある。

野球とは失敗のスポーツである。
野球とは思いやりのスポーツである。
だから名選手・名監督は心得ていることがある。

主な内容

第1章 現場人へ 心理戦に勝つ / 「真ん中思考」をする / 自分を粗末に扱わない…

第2章 指揮官へ 試合を捨てない / 「敗者の弁」を徹底的に聞く / 相手に余裕を見せつける…

第3章 指導者へ 型を押し付けない / 「責任」より「再生」を考える / 見込みのある部下に恥をかかせる…

第4章 経営者へ 言葉の事故を防ぐ / 組織の側に原因を探す / 「その場しのぎ」をやめる…

第5章 老若男女へ メールに頼らない / 昔話を禁止する / 素直に弱音を吐く…

第6章 野球界へ 心の底に楽観論を置く / 監督は野球をやらない / ゼロから作り直す…

このページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
著作者は日経BP社、またはその情報提供者に帰属します。
©2009 Nikkei Business Publications, Inc. All rights reserved.

日経トップリーダーONLINEへ