企業経営はつまるところ人づくりです。



人を育てることが経営の出発点であり、競争力を生む最大の要因であるはずです。
そこで月刊経営誌「日経トップリーダー」では、
人づくりの手法に優れた中堅・中小企業と、その経営者を表彰する
「日経トップリーダー・人づくり大賞」を創設しました。

この表彰事業を通じ、人づくりの大切さや手法を世に広めたいと考えています。



授賞式の様子

第2回 受賞企業

中屋敷左官工業
選考理由

従来の「先輩の背中を見て技術を盗め」という若手職人の育成方法を、2013年から抜本的に改革。独自の教育カリキュラムの核として、動画プログラムを導入し、通常約10年かかる育成期間を3年程度に短縮した。賃金支給も、従来の日当制から、早くきれいに塗ることができる職人や、指名の多い職人ほど収入を増やすなど、若手が技術やモチベーションを高め合える仕組みをつくった。プログラム開始後、直近4年間で新卒15人を採用し、14人が定着。2016年の第54回技能五輪全国大会左官部門では、入社3年目の社員が銀メダルに輝いた。

審査概要(第3回)

審査員長
櫻田厚(モスフードサービス会長)
審査員
小松節子(小松ばね工業会長)
小山 昇(武蔵野社長)
高田 坦史(中小企業基盤整備機構理事長)
横田 英毅(ネットツヨタ南国相談役)
(五十音順)
伊藤暢人(日経BP総研 中小企業経営研究所所長)
予定

本フォームよりお申し込みいただいた企業に、日経トップリーダー編集部が全国から集めた候補企業、推薦企業を合わせ、次の3つの観点で審査員による厳正かつ公平な審査を経て、受賞企業を決定します。

@人づくりの仕組みに独自性がある(独自性評価)
Aその仕組みにより、社員が育っている(効果性評価)
Bその結果、業績が伸びている(収益性評価)

応募



「第3回 日経トップリーダー・人づくり大賞」の応募受付は終了しました。
次回の募集は2018年夏頃の予定です。




pagetop