生き残る中小企業と、生き残れない中小企業とは

当セミナーのお申し込みは終了いたしました。

世界でも類を見ないスピードで少子高齢化に向かっている日本。人口は毎年自然に減っている状況で、生産年齢人口は20年後には約40%減少すると言われています。また、平均所得も20年前との比較では約100万も減っているのです。
これからの日本国内のマーケットは縮小傾向、消費の低迷、労働力不足など決して楽観視できない状況が待ち構えています。
企業はこの15年で約100万社減少したと言われています。
販売不振や後継者問題などその理由は様々でしょう。

誰でも経営者ならば、業績を上げ続け、人を増やし社会に貢献したい。そんな想いはあるはずです。しかし、現状はなかなかそうもいかない。中小企業の約7割は赤字とも言われています。

生き残る会社と生き残れない会社の差は何か?これまで10万社以上の中小企業と向き合い、自らも社員8名で起業し、35年で現在年商390億社員1600人の組織にまで成長したフォーバル。今回はその中で経営のコンサルティングを行っているコンサルタントがその自らの体験と独自の視点で、伸びる中小企業とそうでない企業の差を大公開いたします。

講師紹介

横張 正巳氏

フォーバル入社後中小企業向け情報通信機器の営業を経験。 トップクラスの実績を誇る。その後、新規事業としてWebコンサルティング事業の立ち上げに参画し、わずか4年で業界トップクラスの約3,000サイト以上の制作、コンサルティング実績を作り同社のハード販売以外の主力事業立ち上げに貢献。
現在は、自らの経験を活かし経営コンサルティング事業の立ち上げ、中小企業に特化した実践型経営コンサルティングを提供。
事業計画から営業施策、組織活性化までのワンストプコンサルティングとして中小企業の売上拡大に貢献。
500社以上の中小企業にコンサルティング業務の経験をもつ。
現在は、中小企業に対して経営全般の実践型コンサルティングサービスの提供や社員研修業務。

【会社案内】

株式会社フォーバルは、中小・中堅企業を対象とした経営コンサルティングや海外進出支援サービスの他、IP統合商品の企画開発・販売、Webサイト構築事業を展開。資本金41億5千万円、東証1部上場。

プログラム内容

※受付は15時30分より開始予定
※プログラム内容は一部変更になる場合もあります

主 催 / 日経BP社
「日経トップリーダー」経営者クラブ
企画協力 / 株式会社フォーバル
会 期 / 2015年 3月13日(金)
16:00 ~18:00
会 場 / 株式会社フォーバル セミナールーム
〒101-0054
東京都千代田区神田錦町三丁目26番地
一ツ橋SIビル2F
交 通 /

東京メトロ半蔵門線 都営地下鉄三田線・新宿線 神保町駅 A9出口より 徒歩1分

東京メトロ東西線 竹橋駅 1b出口より 徒歩7分

参加料 / 無料
定 員 / 40名
   

※お申し込み多数の場合は先着順とさせていただきます。




copyright (c) 2015 Nikkei Business Publications, Inc. All rights reserved.