日経トップリーダー Nextオーナーズ 「健康経営」が変える中小企業の活力と生産性 経営課題の解決に必要な人材をご紹介します。
  1. TOP
  2. 日経トップリーダー
  3. 日経トップリーダープラチナ会員サービス
  4. 書籍・別冊
  5. CD・DVD
  6. セミナー
  7. 法人サービス

書籍・別冊

本の表紙イメージ

小山昇の失敗は蜜の味

デキる社長の失敗術

定価:本体1,500円+税

小山昇 著
四六判、240ページ
発行日:2015年3月16日
ISBN978-4-8222-7951-6
発行:日経BP社
ご購入はこちら アマゾンで買う

内容紹介

泣けて笑えて元気になって、会社が儲かる"読むクスリ"!
最強中小企業が門外不出の技を余さず披露

「実力=失敗の数」
株式会社武蔵野・代表取締役社長の小山昇は断言します。
赤字続きのダメ会社を、日本経営品質賞を2度受賞するピカピカの優良企業に変えた「最強中小企業経営者」が説く「正しい失敗のお作法」とは?

「日本一失敗した社長」を自負する著者が、過去の失敗の数々を赤裸々に披露。「他人の不幸は蜜の味。失敗談は蜜の味」。壮絶でときに滑稽、しかも仕事に役立つ"美味な失敗談"を、ぜひご賞味ください。

目次

デキる社長は心得ている81の失敗作法

第1章 【小山昇の失敗全史】
なぜ私は失敗を歓迎するのか

▼実力とは失敗の数である

▼なぜ武蔵野の本社はみすぼらしいのか

▼武蔵野の新規事業の失敗全史

≪社員インタビュー≫

潰した事業の裏に涙あり、笑いあり、教訓あり

第2章 【戦略編】
デキる人は心得ている失敗のお作法

▼正しい失敗には普遍のプロセスがある

▼大逆転を呼び込む粘りとスピード

▼デキる人は「失敗の後」が違う

▼「成功者」をうらやむほど愚かなことはない

≪社員インタビュー≫

"武蔵野女子会"潜入! 失敗伝説を笑い飛ばす

第3章 【教育編】
失敗させれば社員はすくすく育ちます

▼わざと失敗させる武蔵野流の極意

▼失敗させるからこそかまってやる

▼明るい職場をつくる叱り方、褒め方

▼「失敗を恐れる部下」をどう変えるか

▼「上司の失敗」総まくり

≪社員インタビュー≫

熱血エリート社員に社長が仕組んだ罠 ライバルに大敗して分かった弱点とは?

≪社員インタビュー≫

部下40人を退職させた"ドラキュラ上司" 愛車「スカイラインGT-R」の売却を迫られて

第4章 【組織編】
社員にチャレンジ精神を生む魔法の仕組み

▼整理整頓がチャレンジ精神を生む

▼計画を制するものが失敗を制する

▼ネガティブ情報を吸い上げろ

▼失敗を奨励する人事制度のツボ

≪社員インタビュー≫

始末書の数なら誰にも負けない 暴走族から役員になり上がった"模範社員"

≪社員インタビュー≫

クールな"草食男子"が成熟するまで 大量離職の悪夢を肉体労働で忘れる

一覧に戻るページのトップへ

copyright (c) 2016 Nikkei Business Publications, Inc. All rights reserved.