日経トップリーダー Nextオーナーズ 「健康経営」が変える中小企業の活力と生産性 経営課題の解決に必要な人材をご紹介します。
  1. TOP
  2. 日経トップリーダー
  3. 日経トップリーダープラチナ会員サービス
  4. 書籍・別冊
  5. CD・DVD
  6. セミナー
  7. 法人サービス

書籍・別冊

本の表紙イメージ

相続・事業承継・土地活用 お役立ちガイド

定価:本体907円+税

A4変形、124ページ
日経トップリーダー 編集
発行日:2014年10月8日
ISBN978-4-8222-7773-4
発行:日経BP社

ご購入はこちら アマゾンで買う

内容紹介

2015年より相続税の控除額が引き下げられることからも話題に上る相続問題ですが、読者が関心を寄せているのは「失敗しないための相続税対策」にあります。
また、経営者の家族・親族の死によって「事業承継」という問題も生じます。
企業経営を永続的に存続・発展させるとともに雇用や技術を次世代へ伝え守っていくためには、ケースに応じた適切な対応が求められます。
生前にあらかじめ知識を持つこと、事前の対応策を備えておくことが重要です。
本ムックでは、最新の正しい情報把握と認識をサポートし、今からできる対応策をわかりやすく解説します。


目次

【part1】 相続の基礎と相続税対策

相続税・贈与税改正のポイント〈平成27(2015)年1月1日より適用〉
相続の基本的な仕組みを知っておこう
相続税の算出のしかた
相続税対策のポイントはこれだ!

  ・ 小規模宅地特例の活用で評価を下げる

  ・ 配偶者控除をうまく使おう 他

他人事ではない相続トラブル あんなこと、こんなこと

  <CASE1> 被相続人の預金が下ろせない!

  <CASE2> 同族会社の自社株をめぐり、お家騒動に

  <CASE3> 一番尽くしてくれた人に財産を遺せない

  <CASE4> 現に住んでいる家をどうやって分けるのか?

≪コラム≫

  ◆準確定申告についてもしっかり押さえておこう

  ◆相続における専門家はどう選べばいいか

  ◆出生から死亡までの戸籍謄本をどう集めるか

【part2】 八木美代子の知らなきゃ損する相続術

お悩み1:オヤジから金の延べ棒をもらっちゃったんですが...
お悩み2:早期退職し金持ち大家計画、相続税ゼロが625万円に!?
お悩み3:株やFX、「家族名義で儲けてます」の危険...
お悩み4:養子縁組のせいで、退職金が半分消えた
お悩み5:相続していない親の投資用マンションの借金
お悩み6:大きく値下がりした「仕組み債」に高額な相続税が!
お悩み7:20年も前の海外送金を厳しく追及されたのですが...
お悩み8:海外不動産の甘くない現実。おまけに"時価"が...
お悩み9:アパートを建てて節税、増税前にと急かされて...
お悩み10:大家さんの「法人化で節税」、思惑外れて相続税大損!
お悩み11:遺産の人民元預金、まだ引き出せない...
お悩み12:相続を機に実家の店を畳みたい......

【part3】 検証 オーナー社長の事業継承

〔時代背景〕相続の巧拙で、経営力が決まる
〔経営者200人アンケート〕4割近い社長が、株の相続に悩む
〔後継者はこう向き合う〕父親が株を譲ってくれないなら

  ・兄弟の争いを収めた「密室の説得」/小林成年(名古屋眼鏡社長)

  ・会社との関係を残し、父に居場所提供/大森貴之(オオモリ社長)

  ・社長の実績を上げ、株式譲渡を迫る/小田島直樹(小田島組社長)

〔要点〕「和」を保てば乗り切れる
〔老舗の知恵〕長寿企業に相続争いが少ない理由
〔海外に学ぶ〕ファミリー評議会で秩序維持
〔トップ対談〕よく語り合い、よく働き合う

  加藤友規(植彌加藤造園社長)/星野佳路(星野リゾート社長)

〔親子対談〕「一日でも長生きし、株を渡す」

  松浦元男(樹研工業社長)/松浦直樹(樹研工業専務)

〔銀行の見方〕株価対策の業績操作は問題なし

【part4】事例で教える 児玉靖彦の 賢い事業承継術

<CASE1> 【株式分散】兄弟平等にという「先代の善意」が裏目に
<CASE2> 【買取要求】後継者以外から株の買い取りを要求された114
<CASE3> 【ご褒美株】次期経営を巡って社長と古参専務が対立
<CASE4> 【持ち株会】持ち株会解散で個々の株主から買取要求
<CASE5> 【付言事項】後継社長の弟妹が結託し遺言書に不同意
<CASE6> 【譲渡時期】株譲渡後では力不足の後継者にも抗えず
<CASE7> 【譲渡時期】業績好調で株の譲渡時期には純資産24倍
<CASE8> 【定款条項】「株の売り渡し請求」の規定なく株が分散
<CASE9> 【持ち株比率】55%所有するもM&Aが特別決議で否決
<CASE10> 【持ち株比率】持ち株不足の兄弟が対立、経営が不安定に

一覧に戻るページのトップへ

copyright (c) 2016 Nikkei Business Publications, Inc. All rights reserved.