日経トップリーダー Nextオーナーズ 「健康経営」が変える中小企業の活力と生産性 経営課題の解決に必要な人材をご紹介します。
  1. TOP
  2. 日経トップリーダー
  3. 日経トップリーダープラチナ会員サービス
  4. 書籍・別冊
  5. CD・DVD
  6. セミナー
  7. 法人サービス

書籍・別冊

本の表紙イメージ

考えよう、そして行動せよ。

ジャパナビリティが世界を変える

定価:本体1,500円+税

福川伸次 著
四六判、208ページ
発行日:2014年6月23日
ISBN978-4-8222-6395-9
発行:日経BP社

ご購入はこちら アマゾンで買う

内容紹介

地域紛争、環境問題など世界が抱える問題は深刻です。
また、日本も少子高齢化、国家の財政問題、経済成長力の低下などに悩み、世界での存在感が弱まっています。
こうした中、日本の長所である異文化への寛容さ、環境との共生する力、自己を研鑚しようとする姿勢などを強めれば、日本は輝きを取り戻すはずです。
この日本ならではの強さ、「ジャパナビリティ」により、再び世界をリードする日本をつくることを提案する1冊です。


目次

【序章】
課題先進国から課題解決先進国へ

最近に見る日本の心と魅力/アベノミクスへの期待と不安/日本が向き合う課題/自己決定能力を取り戻そう/課題解決の先頭に立とう

【第1章】
日本、その成長と停滞の軌跡 ――日本が向き合う課題を探る――

焦土に立って/もはや戦後ではない/自由主義陣営の一員としてジャパン・アズ・ナンバーワン/低下した日本の国際的地位/人口減少長寿社会にどう向き合うか/双子の赤字、日本もか/イノベーション力を高められるか/内向き志向を変えられるか 他

【第2章】
高まるグローバルリスク ――世界の不安要因にいかに対応するか――

文明としてのグローバリズム/西転を続ける文明/グローバリズムへの期待/ 多極化構造とその脆弱性/多極化構造が促す政治のポピュリズム/高まる安全保障リスク/ 増大する市場リスク/世界構造の選択肢/グローバリズムの再生に貢献できるか 他

【第3章】
日本社会の持つ強さと弱さ ――ジャパナビリティを吟味する――

課題解決への挑戦
・日本社会の強み
・日本社会の弱み

【第4章】
二番手思考を超えよう ――自己決定能力の向上を目指して――

伝統に見る二番手思考/受け身志向の政策対応/80年代の驕りが日本をゆがめた/ 第3の開国に消極的だった日本/企業活動における二番手思考/二番手思考を象徴するジョーク/ 政治の自己決定能力の向上/ロジカル思考とクリティカル思考/トップレベルの企業を目指そう

【第5章】
人間価値主導の経済社会を ――新しい成長モデルの探究――

経済社会の進化の足どり/健康価値/知識創造/社会貢献/文化価値/倫理価値/ 企業経営における人間価値/マーケットインのイノベーション/ 女性の活躍への期待/固定観念を捨てよう

【第6章】
日本から世界を変えよう ――知徳創発の上に――

次世代への期待/ニュー・レジームに挑む/新産業文明への挑戦/ 人間価値志向のイノベーションの総合展開/グリーン・イノベーション/ライフ・イノベーション/ カルチャー・イノベーション/産業と文化の相乗発展/知徳創発の上に 他

【第7章】
特別対談

「考動」 できる人づくりが勝利を呼んだ
福川伸次 × 酒井俊幸 陸上競技部監督
今ある仕事がなくなっても、次の仕事を生み出す力を
福川伸次 × 小島貴子 グローバル・キャリア教育センター 副センター長
「時には踏みならされていない道を行け
福川伸次 × 伊藤政博 生命科学部生命科学科 教授

一覧に戻るページのトップへ

copyright (c) 2016 Nikkei Business Publications, Inc. All rights reserved.