日経トップリーダー Nextオーナーズ 「健康経営」が変える中小企業の活力と生産性 経営課題の解決に必要な人材をご紹介します。
  1. TOP
  2. 日経トップリーダー
  3. 日経トップリーダープラチナ会員サービス
  4. 書籍・別冊
  5. CD・DVD
  6. セミナー
  7. 法人サービス

書籍・別冊

社長、辞めます! ジャパネットたかた激闘365日の舞台裏

「社長、辞めます!」

ジャパネットたかた激闘365日の舞台裏

定価:本体1,500円+税

荻島央江 著
四六判、196ページ
発行日:2014年5月19日発行
ISBN978-4-8222-6394-2
発行:日経BP社

ご購入はこちら アマゾンで買う

内容紹介

2012年、激減のテレビ市場。テレビが主力商品だったジャパネットたかたの業績もダウン。
同年末、高田明社長は業績回復できなければ辞めると覚悟します。
2013年、社長もですが、その決断に社員たちも覚悟の奮起。
放送スタジオ・受注拠点の拡充を進める中で、社員は自ら考え行動し、商材発掘・発信力を高めました。
この全社一丸の奮闘は、なんと最高益をたたき出すことに。
高田明が辞めればダメになると揶揄されがちなジャパネットが、通販業の真の成長軌道に乗っていく365日の舞台裏を克明にリポートします。


主な目次

第1章
なぜジャパネットたかたは減収減益になったのか

右肩上がりの成長から一転、2期連続で減収減益
数年分のテレビ需要を"先食い"
テレビに変わる次の柱を探す
いつしか東京と佐世保の間に火花が散り始めた ...

第2章
テレビ販売依存からの脱却 そのとき、社員はどう動いたか

8月 東京オフィス開設
12月 バイヤー機能を刷新
4月 レイコップ大ヒット
4月 物流センター当日出荷に挑戦
9月 チャレンジウィーク
11月 トルネオ販売好調
12月 ジャパネットアプリ リリース ...

第3章
高田明社長インタビュー 自分はいつまでもいない 社員に危機感を持ってほしかった

親は永遠に子供のそばにはいられない
突き放して、彼らのガッツを解き放った
東京vs佐世保。ライバルがいるから頑張れる
「高田社長だから買う」から「ジャパネットだから買う」に
考えているつもりでは結果は出ない ...

第4章
高田社長が語る「伝える力」 なぜジャパネットたかたから買いたくなるのか

ICレコーダーを備忘録として提案
食品からコンサートチケットまで
ターゲットを変える
「無関心層」に訴える
「商品の先にある幸せ」を伝える
テレビ通販番組は最初の1分間が勝負
本番中に携帯電話が鳴ってしまった!
"間"は有を生む無 ...

第5章
高田旭人副社長に聞く 高田明のいない未来を直視する

事前説明なし。寝耳に水の辞任宣言
ジャパネットの強みとは何か
社長と真正面からぶつかり合い続けた1年
「社長が大好きだから、絶対に辞めさせたくない」
話し手、高田明がいなくなっても大丈夫か? ...

一覧に戻るページのトップへ

copyright (c) 2016 Nikkei Business Publications, Inc. All rights reserved.