日経トップリーダー Nextオーナーズ 「健康経営」が変える中小企業の活力と生産性 経営課題の解決に必要な人材をご紹介します。
  1. TOP
  2. 日経トップリーダー
  3. 日経トップリーダープラチナ会員サービス
  4. 書籍・別冊
  5. CD・DVD
  6. セミナー
  7. 法人サービス

書籍・別冊

「指示待ち」撲滅!

「指示待ち」撲滅!

デキる社員のつくり方

定価:本体1,600円+税

日経トップリーダー 編
四六判、240ページ
発行日:2014年2月19日
ISBN978-4-8222-6392-8
発行:日経BP社

ご購入はこちら アマゾンで買う

内容紹介

社内を見渡しても声を掛けないと動かない「指示待ち」社員ばかり。自分で考えて動く社員が育たない...。こうした悩みに対する解決策があります。
ポイントは、経営者が社員との距離を縮める、社員が孤立しない仕組みをつくる、仕事を社員に任せる、正しい叱り方を身に付ける、採用方法を工夫する━━の5つ。コツをつかんで、デキる社員を実際に育てている中小企業を紹介します。社内から「指示待ち」社員を撲滅しましょう。


主な内容

【第1章】
「指示待ち」撲滅の極意その1 トップが社員との距離を縮める

パティシエ エス コヤマ 小山進社長に学ぶ 日報と終礼が生む脱「指示待ち」経営術
≪インタビュー≫ 千房 中井政嗣社長が語る 社員を信じて戦力化する経営
深中メッキ工業 深田稔社長に見る 熱血指導による元ヤンキーの育て方
とことん社員を家族と思えるか 本気の思いが人を動かし、会社を伸ばす

・坂東太郎 青谷洋治社長 経営理念は「親孝行」、握手で社員の心をつかむ
・辰巳工業 辰巳施智子社長 守るべき社員を「お母さん経営」で包み込む

楽しく働ける環境なくして「指示待ち」撲滅なし

・インタビュー 加治敬通 ハローデイ社長 顧客を喜ばせる提案なら社長への直談判はOK
・インタビュー 山田昭男 未来工業相談役 ホウレンソウ、ノルマ、残業なしでやる気アップ

≪インタビュー≫ 知識賢治 テイクアンドギヴ・ニーズ社長 トップの後姿を見せて考える力を植え付ける 
データから見る社長の意識 人材育成 褒めて相談に乗って、その気にさせる

【第2章】
「指示待ち」撲滅の極意その2 社員が孤立しない仕組みをつくる

「見える化」で能力を丸裸 長所と短所の自覚を促す

・ビジョン 佐野健一社長 レーダーチャートで営業スキルを「見える化」
・永島製作所 永島剛士社長 「見える化」で抽出した弱点を研修で補完
・タマチ工業 太田邦博社長 技能の習得度合いを検定制度で「見える化」

モデルケースを作って理想の人材に伸ばす
脱「指示待ち」は上司と部下の緊密な対話で生まれる
自主性を引き出すには社員同士の激論から

・HUGE 新川義弘社長 「接客の神様」がつくった「刺し合う」社風
・ISOWA 磯輪英之社長 地位に関係なくぶつかって英知を結集

【第3章】
「指示待ち」撲滅の極意その3 脱ワンマン経営で任せきる!

「富士そば」の丹道夫社長流 脱ワンマン経営の全貌
社長が権限を握ったままでは長く続かない

・インタビュー 丹道夫 「富士そば」社長

ボトムアップで社員の心に火をつける

・平成建設 秋元久雄社長 年1回の社内総選挙で部下が上司を決める
・ねぎしフードサービス 店の清潔度ランキングで結束力を高める

若手抜擢で仕事を任せてポテンシャルを引き出す

・坂口電熱 蜂谷真弓社長

【第4章】
「指示待ち」撲滅の極意その4 正しい叱り方が社員を変える

YKK 吉田忠雄氏の「叱られ展」に見る 社員を奮い立たせる言葉掛けの勘所。
≪インタビュー≫ 加護野忠男 大阪経済大学客員教授 日本企業の強さは「叱る文化」にあり
知らなきゃ損!「叱る」「褒める」の原理原則
挫折の先につかんだ正しい叱り方
アメリカンフットボール名監督に学ぶ 常勝軍団のつくり方

【第5章】
「指示待ち撲滅」の極意その5 デキる社員づくりは採用から

「指示待ち」撲滅の第一歩 デキる新卒の選び方

・東邦レオ 橘俊夫社長 ゲームで採用の適否を最終決定
・ノバレーゼ 浅田剛治社長 社員総出でみっちり「面談」を繰り返す
・ナガオカ 三村等社長 全ての採用試験に社長が同席
・びわこホーム 上田裕康社長 インターンシップで学生が飛び込み営業を経験

カネやコネは関係ない 人材採用の成否はトップの気迫
「指示待ち」撲滅に新たなチャンス到来 社内を活性化させる大企業OB採用術

・アイリスオーヤマ 新製品開発を任せてプロパー社員に刺激
・西松屋チェーン 教育投資を惜しまずPB商品でヒット連発

その常識は危ない!大企業OB採用の落とし穴


この書籍は一部を除き「日経トップリーダー」2010年9月号、12月号、2011年12月号、2012年4月号、6月号、11月号、2013年1月号、3月号、5月号、6月号、7月号、9月号、11月号の記事を再構成しました。組織名、人名、数値などは、断りのない限り、基本的に記事掲載当時のものを使用しています。

一覧に戻るページのトップへ

copyright (c) 2016 Nikkei Business Publications, Inc. All rights reserved.