日経トップリーダー Nextオーナーズ 「健康経営」が変える中小企業の活力と生産性 経営課題の解決に必要な人材をご紹介します。
  1. TOP
  2. 日経トップリーダー
  3. 日経トップリーダープラチナ会員サービス
  4. 書籍・別冊
  5. CD・DVD
  6. セミナー
  7. 法人サービス

書籍・別冊

「ゆとり世代」が職場に来たら読む本

「ゆとり世代」が職場に来たら読む本

彼らの価値観を理解すれば、100%戦力化できる!

定価:本体1,500円+税

著者:柘植 智幸
四六判、176ページ
発行日:2013年9月17日
ISBN:978-4-8222-6384-3
発行:日経BP社
発売:日経BPマーケティング

ご購入はこちら アマゾンで買う

内容紹介

ゆとり教育は終わっていなかった
2020年、ついに「純粋ゆとり君」が社会人に
ゆとり教育を受けた若者が社会人になり、職場で様々な問題を起こしています。
これから先には、ゆとり教育にもっと浸かった世代が社会人になってきます。
彼らはなぜ、先輩や上司に理解できない発想や行動をするのでしょうか?
新入社員研修などを年間200回以上手掛け、「ゆとり世代」を知り尽くした人材コンサルタントが、彼らの発想の源となるゆとり教育の本質を解き明かすとともに、ゆとり世代とのつき合い方を伝授します。


目次

はじめに

第1章 「ゆとり世代」について徹底的に知ろう

26歳以下の若者は、英語の筆記体が読み書きできない
授業時間が2割、授業内容は3割カットされた
相対評価から絶対評価へ
会社でも頑張ったら、結果が出なくてもほめられるはず
少子化が生んだ学力低下を、ゆとり教育が加速した
「大学全入時代」で競争がなくなった
大学で小学生レベルのことを教えている!?
本物の「純粋ゆとり世代」はこれから社会に入ってくる!
「ゆとり教育は終わった」という幻想
「悪気なく悪いことをする素直で良い人」

第2章 「ゆとり世代」に叩き込む、4つの心がまえ37

いい上司もいれば、いやな上司もいることを教える
ゆとり世代への期待値を、現場の全員が共有する
マイナスをゼロに戻す、ゆとり世代のための研修とは?
心がまえ その1「自立・自責」の考え方を持たせる
「自分が悪い」と考え、反省する価値観がない
良い環境で育ちたい「ビニールハウス症候群」
仕事がうまくいかなかった時のパターンを教えておく
水槽の魚を汚い海に放したのと同じ
「自責サイクル」を回すことができれば大丈夫
新入社員は、バットとボールを初めて持った野球部員
人間関係を悪化させたのは誰の責任?
心がまえ その2 会社は「つらい」訓練所だ
「今はトレーニング中なんだ」という気持ちを持たせる
痛みを乗り越えてこそ、ご飯を食べられるようになる
現場に「つらさ」「苦しさ」が待っていることを研修で教える
心がまえ その3 現場には必ず「期待値」がある
ビジネスの根幹は自動販売機と同じ
心がまえ その4「教えられ上手」を目指せ
失敗しても逃げないこと
「上司があいさつをしないなら、僕もしたくありません」
「すねている」と思われた時点で「すねている」のと同じ

第3章 ゆとり世代の叱り方、教え方~「業務が進まず、困っています」編

軽く注意をしただけなのに、ものすごく落ち込んでいる様子です。
ほんの少しミスで、「もう立ち直れない」ほどの落ち込みようです。
言ったこと「だけ」しかできないのですが
仕事が残っているのに「定時なので帰ります」と言ってきます。
大切な連絡をしているにも関わらず、メモをとりません。
報告・連絡・相談がきちんとできません。
営業の電話を、理由を付けてはサボっています。
「週末はボランティアで忙しいので、休日出勤は無理です」
「仕事の提案をしても採用してもらえない」と不満そうです。
仕事にやる気がみられず、ケアレスミスが続いています。
「研修で教わった通りにやっています」と不満そうです。
「お金がなくて買えない」と、ボロボロの靴を履いてきます。
最近の新人はものを知らなさすぎます。
「オフィスが汚くて、やる気がでない」らしいです。
業務時間中に「集中したいので」と言って耳栓をしています。

第4章 ゆとり世代の叱り方、教え方~「人間関係で困っています」編

なぜか上司の私に対してタメ口をききます。
目上の人間を使い走りにしています。
「上司が仕事を教えてくれない」と人事部に訴えています。
飲み会で、頑としてお酒に口を付けません。
派手な服装や髪型を「おしゃれは個性」と改めません。
茶髪を「僕らの周りでは当たり前」と直しません。
新人が朝、あいさつをしてこなくなりました。
「こんなに働いているのに、給料が安い」と不満そうです。
「上司から目の敵にされています」と人事部に告げ口されました。
「どうして僕のことを分かってもらえないんですか!」とキレました。
「言われたことはちゃんとやっているのに」と不満そうです。
「そのうち大きな仕事で取り返しますよ」と自信満々です。
「見た目で判断しないで、中身を見てください」が口癖です。
嫌いな同期社員をあからさまに避けています。
「あーあ、隣の部長がよかったなぁ」とボヤいています。
「ねえ先輩、うちの部長、無能ですよね」とささやかれました。
「いや、こんな会社とは思わなくて」「じゃあ、辞めれば?」

一覧に戻るページのトップへ

copyright (c) 2016 Nikkei Business Publications, Inc. All rights reserved.